脱毛サロンに通うときの注意点

脱毛サロンに通うときに、注意しなければならないことがいくつかあります。まず肌の状態によって施術が受けられないことを頭に入れておきましょう。日焼けした後は肌が弱っているので、施術を受けられません。事前にシェーバーで毛を剃っておくことも大切です。脱毛サロンの施術はメラニン色素に反応するもので、毛を剃っておかないと毛先まで反応し肌を傷めてしまうおそれがあります。また、毛抜きで処理するのもご法度です。脱毛できないばかりか、毛穴へに負担がかかるのでやめましょう。施術を受けたあとは肌が敏感になっているので、ノースリーブなど肌が出る服を着用していると直射日光を浴びたときにダメージを与えてしまうおそれがあります。肌を保護するためにカーディガンなど羽織るものを用意すると良いでしょう。また、サロンでもクールダウンしますが、帰宅後も体の内側が熱をもっています。自宅でも施術した部位を冷やしましておきましょう。入浴の際、湯船に浸かると炎症をおこすこともあるのでシャワーだけにするべきです。「予約をしたのに体調を崩して行けなくなってしまった」そんなときは早めに連絡をしましょう。ドタキャンはどんな理由があってもいけません。

事前に脱毛範囲を確かめておく

シェーバーやクリーム、ムースなど自分のお手入れはめんどうな上に知らずのうちに肌を傷めています。いつまでも健康な肌でいたいと思っている人は、脱毛サロンに通うと良いでしょう。昔の脱毛方法は針を毛穴に刺す方法が主流でした。永久的に毛が生えないのがこの方法の利点でしたが、強い痛みがあり肌の弱い人は受けられと言われていました。最近の脱毛サロンの施術は、光で毛の根にアプローチする方法が主流です。この方法は光を当てていくだけで痛みも少なく、利用者が増加しています。脱毛サロンを選ぶとき1番気になるのが料金と言われています。安さで選ぶのは良いことですが、料金だけで決めるのは良くありません。また、ホームページで掲載されている以外に料金が発生することもあるので、気になる脱毛サロンがあれば確認しておきましょう。腕や脚、ワキや背中、うなじやVIOなど、施術したい部位を明確にしておくことも大事です。脱毛サロンがそれぞれ力を入れている分野があるので、決める前に確かめておくと良いでしょう。また、施術を受ける前に脱毛範囲を確かめておくことを忘れてはなりません。サロンによって施術を受け付けていない部位もあるので気を付けましょう。